So-net無料ブログ作成
えいが・こんさーと ブログトップ
前の10件 | -

ルーブル美術館展 [えいが・こんさーと]

本場のルーブルにはまだまだたどり着けそうにないので、気分だけでもパリ気分を味わってきました[わーい(嬉しい顔)]
090829_1.JPG

TOMさんからいただいたチケットを手に、京都市美術館へ。
090829_3.JPG

開園直後の9時過ぎに行ったのですが、週末だけあって(8月最後の土曜日)絵の前は2重3重の人だかり。
でも、「ここはねずみーらんど?!」と勘違いしてしまうような行列テープに並ぶ必要がなかっただけマシかも。
入り口にも行列用のポールが立ってました[あせあせ(飛び散る汗)]
090829_4.JPG

今回の目玉はチケットの図柄にもなっている、「レースを編む女」らしいのですが、違いがわからない女(私です)にとってはちょっとばかり迫力不足の絵でした。
でも全体的には「芸術」を堪能できる作品ばかりで、すっかり芸術の秋を先取りしてしまいました[黒ハート]

開催は9月27日までですが、後ろの日程になるほど混むそうなので、予定されている方はお早めに!

飛び出すハリー [えいが・こんさーと]

沖縄旅行記は1回お休み。
土曜日の晩、「ハリーポッターと謎のプリンス」に行ってきました[映画]
090725_h1.JPG

今回のハリーポッターは劇場によっては3D映像が見られるとのこと。
調べてみると日本では3館。
その1つが大阪の箕面にあるということで、せっかくなので遠征してみました[車(RV)]
090725_h3.JPG
通常よりお高めの¥2200。これで最初の12分間、3D上映が楽しめるらしいです。
どんなんだろ?

ディズニーランドのようなめがねを渡されました[目]
090725_h2.JPG
うわ!飛び出てる!!
とは言え、ほんの12分間の飛び出るハリーはあっという間。
でも、これ以上掛けてると酔っちゃうかも[バッド(下向き矢印)]
ちなみに一番浮き出て見えたのは字幕でした。ちゃんちゃん。

ストーリーのほうは、あの分厚い本をよく2時間半くらいにまとめたなぁという感じ。
次回最終話がどのように作られるのか、楽しみ。

天使と悪魔 [えいが・こんさーと]

昨日、自転車をこいで西宮ガーデンズのTOHOシネマに行ってきました。
(もちろんレイトショーで[わーい(嬉しい顔)]

お目当ては今更ですが、ダン・ブラウン原作の「天使と悪魔」。
090711_a1.JPG
前作(と言っても、原作は「天使と悪魔」が先ですが)の「ダヴィンチ・コード」がなかなか面白かったので、期待半分、不安半分[あせあせ(飛び散る汗)]

原作を読んでいったので、「えー!その部分を変えちゃったの?!」とか、「そこの説明をはしょったか~」などなど、どうしても原作と比較してしまい、個人的には純粋に映画を楽しむ余裕がなかったです...[バッド(下向き矢印)]
でも映画としては、速いテンポの展開などドキドキ感満載の面白い映画だったのではないでしょうか。

昨日から「ごくせん」が始まり、「天使と悪魔」も押され気味でもうすぐ上映が終了しそうですが、
もし観に行かれる場合は、映画を観てから原作を読んだほうが面白いかも?!

おまけ:アメリカ版ハチ公の宣伝が飾ってありました。
090711_a2.JPG
アメリカでも秋田犬なんですね。リチャードギアと秋田犬って???

ピカソとクレー [えいが・こんさーと]

先週、兵庫県は新型インフルエンザでひっちゃかめっちゃか状態[ふらふら]
学校やら、県の施設やら、人の集まる場所がたくさん閉鎖されました[バッド(下向き矢印)]
ホテルをはじめ、神戸の観光地もかなりの打撃を受けています。
早くワクチンも開発されて、よい方向へ収束してくれることを願うばかりです。

そんな中、土曜日から一斉休校などが解除され、私も行きたかったこちらへ出かけてきました[足]
DVC00236.JPG
先月から始まっていた特別展に行こうと思いつつ、なかなか機会がなかったんです。
DVC00237.JPG

お昼過ぎに到着したのですが、空いてる~!
ピカソの絵も独り占めでじっくり見れたり、なにより自分のペースで1枚1枚の絵をじっくり鑑賞することができました[黒ハート]
クレーのほんわかしたタッチの絵やミロの可愛い(と私が勝手に思ってるんですが)絵などをたくさん見ることができて、心の休養ができた週末でした[わーい(嬉しい顔)]

今月までの展示ですが、1週間休館していたこともあり今週は夜間展示などもするようです。
絵がお好きな方はいかがですか?
兵庫県立美術館:http://www.artm.pref.hyogo.jp/index.html

古典芸能を楽しんできました! [えいが・こんさーと]

通天閣?!
090207_1.JPG
ではなく、名古屋のテレビ塔です。
週末に名古屋までお出かけしたのに、名古屋城にも入りそこね
090207_2.JPG
090207_3.JPG
何をしていたかと言うと...

狂言を観てきました[わーい(嬉しい顔)]
090207_4.JPG

狂言といっても、ウッチャンナンチャンのナンチャンが主催する現代狂言。
狂言は現代のコントに通じるものがあるというコンセプトで、かなりドタバタ感もありましたが、
特に前半の古典狂言「佐渡狐」と、それをパロディ化した現代狂言「東京パンダ」は、現代狂言を観ることで古典のほうの台詞の意味がわかったりと、とっても楽しめました!
舞台も名古屋能楽堂と、本格的な場所で雰囲気もバツグン[グッド(上向き矢印)]
090207_5.JPG

たまには、日本の伝統芸能も楽しまないとなぁ...と思った1日でした[るんるん]

落語で新春初笑い [えいが・こんさーと]

この前の日曜日、西宮の芸術文化センターに落語をききにいってきました!
今回も笑福亭鶴瓶師匠。
090118_1.JPG

ご挨拶と中居君と紅白の話で幕が開き、師匠の私落語と続きます。
相変わらずテンポがよく面白い[グッド(上向き矢印)]
そして、師匠おススメの若手落語家 柳家三三(さんざ)さんの古典落語。(演目忘れましたが、親不孝の話です。これだけじゃ、わかりませんよね[たらーっ(汗)]
最後は師匠の「らくだ」。
これは、2年前に全国公演されたときに金毘羅山の旧金毘羅大芝居までききにいった演目。
内容は同じなのですが、細かい部分がさらにパワーアップされた印象があります。
「笑う門には福来る」の言葉通り今年も楽しくhappyに過ごせるかな、と思えるくらい大笑いさせていただきました[わーい(嬉しい顔)]

それにしても、端っこのパイプ椅子とはいえ最前列の席。
090118_2.JPG
すぐそこで師匠がしゃべっているのを見られて、またまた新春からラッキーでした[るんるん]

京セラドームで「きっと またいつか」 [えいが・こんさーと]

なかったことにしたかったクライマックスシリーズ以降、避けて通っていた京セラドームに行ってきました。
081220_2.JPG

と言っても、グラマシーニューヨークの限定チーズケーキを食べに行ったわけではなく
081220_1.JPG
(この記事は次回!)

ガンダムのビームサーベルをGETしに行ったわけでもなく
081220_3.JPG

KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか」♪今日も どこかで FINAL♪に行ってきました[黒ハート]

ツアー最終日のこの日は、アンコールに次ぐアンコールにも答えてくれて3時間40分の大熱唱[カラオケ]
オフコースのデビューシングルから、最新シングルまで、ときには客席のお客さんにマイクを向けて「一緒に唄う」ステキなコンサートでした[るんるん]
小田さんは60歳を越したと思えない元気さで、透き通った歌声ももちろん健在!

次回こそはオンステージ席を目指して...。
つぎのツアーも楽しみにしています!
 

ベントラー・ベントラー・ベントラー [えいが・こんさーと]

またもや、大王・後藤ひろひと作品を観てきました[わーい(嬉しい顔)]

今回は大王の所属する劇団、Piper10周年記念公演!
ん?確か去年も10周年公演があったような...。
主宰の川下博士曰く、「去年は結成10周年、今年は活動開始10周年」だそうで[あせあせ(飛び散る汗)]

なにはともあれ、「ベントラー・ベントラー・ベントラー」
081101_1.JPG
舞台は墜落したUFOを回収し乗っていた宇宙人を解剖したと言われる軍の秘密研究施設。果たしてそこに秘められた真実とは・・・?
いや! どうせそんな真実は絶対に暴かれない! だいたいこの国に「軍」などない! UFOも宇宙人もいやしない! そこにいるのは天才的なバカ9匹!
今や名物芸となりつつあるPiperの「お屋敷シリーズ」第3弾。勘違いによる勘違いがウソのためのウソを生む。原因がないのに事件が起こり加害者がいないのに被害者が増える。そこは説明不能な超ドタバタお馬鹿フェスタ'08。
(「ベントラー・ベントラー・ベントラー」公演概要より)

いつものごとくの大笑いドタバタ劇。
とにかくストレス発散、日常を忘れて楽しんだ約2時間でした[グッド(上向き矢印)]

ちなみにタイトルの「ベントラー」って、UFOを呼ぶための呪文(?)として大王が小学生の頃に流行ったとのこと。
同世代の私は全く記憶にないのですが、みなさまご存知ですか???
081101_2.JPG

SEX AND THE CITY [えいが・こんさーと]

青沢東ちゃんがblogもそっちのけでERを観ている頃、私はTSUTAYAではなく何故か美容院のお兄さんに「SEX AND THE CITY」のDVDを借りて夜な夜な鑑賞していました[目]
DVC00003.JPG
何がすごく面白い!という訳でもなかったのですが、主人公達が自分世代だったこともあり「渡る世間・・・」を見守るおばちゃん状態で楽しんでいたところ、完結編となる(?)映画が公開され[映画]
さらに靴屋さんでチケットをいただいたので、ありがたく行ってきました[わーい(嬉しい顔)]

内容は、いつもの4人がそれぞれの「愛」の中で傷ついたり喜んだり、とTVシリーズそのもの。
TVシリーズを知らなくてもそれなりに楽しめるストーリーになっているのではないでしょうか。
でも、今までDVDで楽しんできたファンだったら、もしかするとDVD発売を待ってゆっくりカウチポテト族(←死語)で観るほうがしっくりくるかもしれないですね[exclamation&question]
(梅田の映画館ではかなり人気で、4週目に入った現在でもかなり早めにチケットが完売になっているようです。)

B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS [えいが・こんさーと]

日曜はKunちゃんと神戸市営地下鉄[電車]に乗り、およそ似つかわしくない場所へやってきました!
080907_2.JPG
総合運動公園駅?!
テニスをするわけでもなく、マラソンをするわけでもなく...。
その目的は、こちら!
080907_3.JPG

B’zファンのKunちゃんに誘っていただいて、デビュー20周年のLIVEに参加しにきたのでした[わーい(嬉しい顔)]

ツアートラックはいつものように写真を撮るファンで、すごい人だかり!
080907_6.JPG
こちらはメンバーの顔写真のペイント?
080907_4.JPG
と思ったら、ファンから送られてきた写真でできたモザイク画でした[exclamation]
Kunちゃんの送った写真もたくさん使われていました~。
080907_5.JPG

会場の雰囲気をひとしきり堪能した後は、いよいよ会場へ!
080907_7.JPG
ユニバー記念陸上競技場でコンサートが行われるのは初めてのことだそうです。さすがB’z。

20周年のコンサートということで、コアな(?)ファンでなくても楽しめるシングル曲ばかりで会場はノリノリ[ぴかぴか(新しい)](←死語?)
懐かしい映像も見ることができてたっぷり楽しめた3時間でした。
サザンに追いつけ、追い越せでこれからも頑張ってください!
Kunちゃんいつも誘ってくれてありがとう[黒ハート]
前の10件 | - えいが・こんさーと ブログトップ